都内のインプラント名医を探そう!

都内のインプラント歯科を探そう!
インプラントととは、欠けたり抜けたりして欠損してしまった歯があった顎の骨の部分に、人工の歯をとりつける治療法の事です。都内の歯科医院でもインプラントをしているところは多いですが、治療費用などが高いので、名医に頼みたいですよね。そこで、当サイトでは、インプラントによる治療の実績、経験豊富な都内の歯科医院を紹介していきます。

知っておきたい!インプラント治療方法について

基本的にインプラント治療には1回法と2回法があります。
どちらの治療方法骨に接着する期間がおおよそ3~6カ月はかかると思って下さい。
その後、かたどりをし、人工の歯を作っていくんですね。
顎の骨にとりつけたり、人工歯根を埋め込むという事に不安を感じる方も少ないありません。
実際の手術の程度は、少し難しい親知らずを抜くぐらいですので、慣れた歯科医師の場合は、数十分で終わります。
インプラントに使用される人工の歯は、セラミックや硬質レジンなど種類がたくさんあります。

ネジで固定する方法の場合は、取り外す事も出来るため、将来、トラブルが生じた場合でも
修理が出来るので、安心して利用出来ます。

インプラントの素材について


さて、インプラントについて、どんな素材が使われているか気になりますよね。
インプラントの研究は日進月歩で、試行錯誤をかさねて、様々な素材をためされてきました。
セラミック、クロム、金、プラチナなどなど。
特に日本では、セラミックのイメージが強いのですが、現在はあまり使われていません。

現在の人工歯根の素材で多く用いられているのは、純チタンです。
これはアメリカの歯科医師協会の承認うけていて、最適な素材として、実証されています。

まず純チタンは、人間の体となじみやすく、アゴの骨や歯ぐきの粘膜との適合性が高いというメリットがあります。
純チタンは心臓のペースメーカーや関節の部品、骨伝導型補聴器にも用いられており、
非常に拒絶反応が少なく安全な素材で、金属アレルギーを起こすおそれも、ありません。
金属アレルギーに悩まされている人も、チタン製のものに替えたら良くなったという例が多数あります。

そして、純チタン製ネジ式の人工歯根がインプラントにはベストのものとして一般的になっています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ